微笑む女性と白い錠剤
嬉しく笑っている女性

ピルとは経口避妊薬であり、日本をはじめ世界で一般的に使われています。
ピルには服用方法により大きく分け2種類あります。
女性の月経周期に合わせて21日のみ7日休む方法のものと、28日分のシートを順番に毎日飲むタイプのものがあります。
しかし後者は実は最後の7日分は薬が入っておらず、実際は休薬してるのと同じで、ただのプラセボです。

女性が飲むものなので主成分は女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)です。
黄体ホルモンは子宮に働きかけ、受精ができるよう子宮内膜をやわらかくするホルモンで、他に体温上昇作用や乳腺の発達を促進するとされています。
一方卵胞ホルモンは子宮内膜を分厚くしたり、乳腺細胞の増殖促進や排卵を抑制する作用があります。
女性は排卵日を境に排卵前では卵胞ホルモンが高くなり、排卵後は黄体ホルモンが有意になります。
受精ができる期間は排卵日前10以内で行われると言われています。

ピルは薬によりあたかも妊娠したかのように脳を錯覚させ、受精できなくする薬です。
ピルは避妊薬以外にも女性のホルモンバランスを正常にしたり、月経痛を和らげる作用もあります。
一方でメリットっとして血栓症になりやすいなどといわれていますが、今のところメリットのほうが大きいとされています。