記事一覧
ピルが飲みづらいと感じてしまう症状とは

ピルというのは避妊をしたり様々な身体の症状を改善したりという、非常に便利な効果を持っている薬です。 女性にとってはまさに万能薬のような非常に頼りになる存在なのです。 しかしこのピルというのは残念ながら女性であれば誰でも服用出来るというものではありません。 なぜなら一部の女性には服用することで様々な副作用が出てしまうことがあるからです。 特にピルを服用することで出て来る副作用の中でも最も多いのが嘔吐や吐き気ですが、このような症状が出てきてしまう場合、一般的に他の副作用の症状が出てくる場合よりも、ピルを飲みづらいと感じてしまうものです。 何故なら吐き気を感じている時というのはとにかく水すらも受け付けたくないものであり、それによってピルを飲みづらいものだと感じてしまうのです。 そして一度飲みづらいと感じてしまったら、その後副作用が落ち着いたとしてもなかなか普通に服用することは出来るものではありません。 なぜなら一度身体が不味いものであると認識してしまっているからです。 なのでそのような女性の場合、残念ながら服用できないことになってしまうのです。 しかし基本的にそのような特殊な状況の女性を除いては、ピルというのは非常に飲みやすい薬なのです。 そもそも物凄く小さい錠剤の形をしているものなので、誰でも簡単に服用することが出来ます。 それからそもそも薬なので本来は美味いも不味いもないのです。 なので普通の女性は問題なくピルを服用することが出来るのです。 ピルを服用することによって吐き気や嘔吐等の症状が出てしまう女性というのは、まるで妊娠中のつわりのような症状ですので、とても辛い思いをするものです。 そのような女性の場合はコンドーム等の別の方法で、避妊をしていく必要があるのです。

2020年05月20日
月経前症候群の改善にピルを継続して服用しよう

女性にとって非常に気が重くつらいのは生理ですが、その生理が始まる前の3~10日前に症状が現れる、月経前症候群(PMS)も、女性には憂鬱になる症状です。 月経前症候群は、生理が始まることでホルモンバランスが乱れることにより症状が出てきますが、その症状も人によって様々です。 体の不調としては倦怠感、頭痛、腹痛、便秘、胸が張る、吐き気などがあり、同時に精神面のバランスも崩れるため、妙に落ち込みやすくなったり、イライラして怒りっぽくなったり、集中力がなくなって仕事のミスが増えるなど色々あります。 また、ひどい場合では寝込んで起き上がれなくなってしまう人などもいるため、日常生活に支障をきたす場合もあることから、最近ではピルを継続して服用し、月経前症候群の症状を緩和する人も少なくありません。 ピルってもともと避妊薬ではないのと思われる人もいるでしょう。 もちろん避妊効果があることは確かですが、それ以外にも女性特有の月経前症候群や生理痛、子宮内膜症などの改善にも役立つのです。 ピルは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれているため、服用することでそれが大量に体内に入り、生理が始まることによって乱れてしまったホルモンバランスを整えるので、改善につながるのです。 継続して飲むことは、月経前症候群の改善だけではなく、卵巣がんや子宮体がんの発生率を下げる効果も期待できます。 しかし、基本的にはピルは保険適用ができないため、毎月出費が重なるのはきつい思う人もいることでしょう。 その場合、避妊薬としてではなく、月経前症候群やつらい生理痛が病気と診断されればそのための改善薬として保険適用ができるピルもあります。 慣れたとは言っても、毎月つらい症状を抱えるのは気が重いものです。 継続してピルを服用することで、少しでも症状の改善につながるといいです。

2020年04月01日
避妊効果が高い低用量ピルでおりものに変化が起こる?

妊娠することを望まない女性は、積極的に避妊を行わなければならないでしょう。 避妊の方法はいくつかありますが、コンドーム以外に物を使った方法としては低用量ピルを選ぶ方が少なくありません。 低用量ピルは女性ホルモンに作用して排卵を抑制する効果のある避妊薬です。 ホルモンの量によっては低用量ではなく中用量や高用量ピルになることもありますが、一般的には低用量タイプが使われています。 ピルを服用すると女性の体は妊娠しているようになるため、妊娠中がそうであるように排卵がなくなります。 つまり受精することがなくなり妊娠する可能性がほとんどなくなるというわけです。 しかし、低用量ピルは使用前に理解を深め正しく使用しなければなりません。 いつ服用すれば良いのか、量はどの位かといったことをしっかり確認してから始めましょう。 実際に服用を始めても、すぐに効果が得られるということではありません。 服用し始めてから一週間程度で体内で変化が起こるので、できれば生理が始まったその日から始めるといいでしょう。 ただ必ずしも生理初日から始める必要はなく、二日目や三日目にずれ込んでも妊娠する可能性はほとんどありません。 四日目以降になると変化が起こるまでに間に合わなくなるので、排卵が起こる可能性が出てきます。 低用量ピルは避妊以外の使い方をすることもできます。 例えば月経前症候群でお悩みの方にも効果を発揮します。 生理前になると頭痛がしたり精神的にイライラするといった症状は多くの方に起こりますが、生理前の症状が重い方は何らかの対策をとった方がいいでしょう。 ピルを利用することで生理前の症状が緩和されたという女性が多いので、一度試してみるといいでしょう。 ピルを使い始めるとおりものに変化が起こる場合がありますが、量が増えたり色が混ざっている場合は受診した方が安心です。

2020年02月16日
ソープでは低用量のピルが使われていることが多い

ソープでは低用量のピルが使われていることが多いです。 ソープでは、日常的に性行為を求めて客がやってくるので、それに対応する身体に負担のいピルを利用しなくてはいけません。 幸いにも、低用量のピルというのは身体に対する負担が少ない割に避妊の確率も9割以上あるかなりすぐれた薬なので使いやすいのです。 低用量のピルの成分は、一般的なピルとほとんど変わりません。 卵胞ホルモンと黄体ホルモンで作られている薬剤であるため、それを服用すると服用した女性は妊娠をしている状態と同じ身体の状況を作ることが可能になるのです。 妊娠を防ぐための手段として最も効率が良いのは、性行為をしても受精がないように排卵そのものをなくして生理が来ないようにすることなのです。 その点、低用量のピルでは妊娠状態と同じような状態にする事が可能なので、これを服用すると妊娠することがなくなります。 また、ソープで働く人たちにとってピルは非常に身体の健康状態を守るためにも重要なものです。 何故かというと、性行為によって生じる子宮頸癌の確率が約50%も少なくなるからです。 常用的にピルを使用している人は、それを使用していない人に比べて子宮頸癌にかかりにくいという医学的なデータが存在します。 子宮頸癌というのは性行為の際には相手から癌のウイルスを貰うことによって生じる病気であるため、避妊薬を利用してウイルスが入ってこないようにすれば病気を防ぐことが出来るようになるのです。 特に、ソープなどのように日常的に性行為をしないといけないような場合には非常に重宝します。 低用量のものであっても、身体に生じる避妊の効果に大きな違いはありません。 そのため、安全に避妊をする事が出来るのです。

2020年01月13日
乳首痛と閉経の痛みは、ピルの服用で解消できるのか

女性の体は閉経を経験することによって女性ホルモンのバランスが崩れ、様々な症状を引き起こすようになります。 これがいわゆる更年期障害というものなのですが、その中にはひどい乳首痛、乳房痛の症状を感じる人がいます。 乳首や乳房の痛みとなるとまず心配してしまうのが乳がんや乳腺炎などの病気です。 ただ、閉経時に関しては特にその他の異常がない場合に限り、先に挙げたホルモンバランスの乱れによって引き起こされているものが大半です。 もちろん、その原因を突き止めるためにもしっかりと医療機関で検診を受けることが大切です。 閉経を経験した人であれば尚のこと、症状が進行することで日常生活にも支障を来してしまうことがあるので早め早めの対応がカギとなってくるのです。 では、具体的にこうした乳首や乳房の痛みを解消するにはどうすればいいのでしょうか。 医療機関で行われている更年期障害の治療のメインはピルを使った方法です。 ピルと聞くと避妊目的で使用するものというイメージが強いですが、卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった女性ホルモンをバランスよく摂取していくことが出来るので、更年期障害の治療にも適しているのです。 ピルによってホルモンのバランスが正常になれば更年期の不快な症状も自然に治まっていきます。 基本的に日本でピルを入手するには産婦人科や婦人科などの専門の医療機関を受診する必要があります。 中には個人輸入という形で海外の製品を自己責任で購入するという人もいますが、治療目的での使用の場合、副作用や治療方針によっては自己判断が危険なケースもあります。 的確な更年期障害の治療のためにも気になる症状があるという場合には信頼のおける医師の診察を受けるようにしましょう。

2019年12月09日
海外製品=粗悪品の印象

最近では、さまざまなものがインターネットで販売されています。 薬やコンタクトレンズといった、医療関係のものも通販で購入することができます。 インターネット通販で購入する時に、価格を重視して安い商品を選んで購入するケースがあります。 個人輸入などをすれば、非常に格安で欲しいものが購入できることもあります。 決して悪いことではないのですが、一つ注意する点があります。 それは、海外製品などの中には粗悪品があるということです。 コンタクトレンズを例にとると、海外製品を個人輸入した場合、日本の規格での検査は行われていません。 そのため、安全性が分からない商品なども含まれている可能性があります。 薬に関しても、日本で承認されていない薬の場合、成分などを確認することが必要です。 こう見てみると、海外製品は粗悪品という印象を受けるかもしれませんが、海外製品でも高い品質を誇るものなどもあります。 米国のFDAの承認を受けた製品などは、厳しい検査に合格しています。 目安としては、何らかの安全性のテストが行われているかどうかを調べてみる方法があります。 ちなみに、海外製品でも、個人輸入ではなく、業者が輸入して正規で販売している製品に関しては、安全性などの確認が行われています。

2019年11月08日
医薬品通販では成分を必ずチェック

市販薬はドラッグストアなどで購入ができますが、処方医薬品を購入するには、医師の処方箋が必要になります。 処方医薬品はいろいろなものがありますが、避妊用のピルも処方医薬品に該当します。 そのため避妊用の低用量ピルやアフターピルを購入するには、医師の診察を受けて医師に処方箋を書いてもらうことが必要になります。 医師が処方するピルなどの医薬品は、成分チェックがしっかりと行われていますので、安心して服用することができます。 ピルなどの処方医薬品は、海外から個人輸入をすると、医師の処方箋がなくても購入することができます。 個人輸入をすると、医師の診察を受けなくてもピルなどの処方医薬品を購入できるのでメリットがあります。 個人輸入の手続きは素人が行うには非常に困難ですが、個人輸入を代行してくれる業者が存在します。 個人輸入を代行してくれる業者は、インターネット上に医薬品通販のサイトを開設しており、通常の通販と同じような方法で、海外から医薬品を購入することができます。 医薬品通販のサイトが取り扱っている医薬品は、成分チェックが行われていますので、安心して購入することができます。 ただし医薬品ですので、注意事項をきちんと守って服用することが必要です。

2019年10月08日
有名な低用量ピルのトリキュラーも通販で手に入る!

避妊方法にはいくつかあります。 子宮内避妊システム、子宮内避妊用具は手術を必要するため実際に行うにはややハードルが高いですが、一般的に良く知られるコンドームや低用量経口避妊薬、ピルは取り入れるには比較的簡単なので避妊方法としては主流になっています。 そしてピルはコンドームに比べて避妊失敗率が0.3パーセントとかなり低く、避妊方法としては確率的にかなり確実なものと言えます。 ピルを手に入れる手段としては通販という選択肢もあります。 ピルの中でも日本で最も使われてるのがトリキュラーです。 トリキュラーは病院でも処方されていますが、値段が高いのがネックになっています。 海外の通販サイトで購入するほうが安く手に入るので、トリキュラーを個人輸入する人が増えています。 しかし、初心者など海外サイトで購入するのは敷居が高い人もいると思いますが、そんな時には個人輸入代行サービスがある通販サイトで購入しましょう。 ただし、安心できる通販サイトでトリキュラーを購入するようにしてください。 この理由としては悪徳な業者もおり、入金したのにも関わらず薬が届かないなどといったことがあるので購入する場合にはサイトの特徴や信頼できるところを選ぶようにしてください。 これを利用すれば、個人輸入を代行してくれるので、初心者でも安心です。 また、ピルの通販サイトは数多くあるので、値段の比較もしやすく、低価格で安全なもの手に入れられるため、多くの女性に人気があります。 経口避妊薬と言うことで薬全般に抵抗がある人にとっては避妊 副作用が怖いものです。 服用した人の体質や、その日の体調、食べた物によって副作用は様々な症状となって表れます。 もちろん、副作用を全く感じない場合もあります。 一般的に多く表れる症状としては、服用を開始してしばらくの間は気持ち悪さを感じたり、不正出血などが見られることもありますが、これらは2~3周期でほぼなくなります。 そのほかには太りやすくなる、血栓症・心筋梗塞のリスクが上がるなど言われていましたが、低用量ピルに関してはその心配はほとんどないと言われています。 逆にピルには副効用と言われる、メリットも多くあります。 月経痛の軽減、月経血の量の減少による貧血の改善、月経不順の改善、子宮内膜症の改善と予防の効果があると言われています。 月経時に悩みを抱える人は多いため、この効果は大変大きなメリットと言えます。 また、ホルモンバランスの改善にも効果があるため、月経前症状(PMS)で悩んでいる場合、ピルは生理痛など女性の体調管理にも使用できますので、喜ばしい副効用と言えます。

2019年09月20日
通販ピルと病院処方ピルの違い

ピルは病院以外でも通販で購入する事ができます。 病院と通販、この2つの違いは何か考えていきます。 病院でピルを受け取る場合は、診察が必要となります。 一般診療と同じように医師と対面し、ピルが必要な理由を説明します。 説明内容に納得し健康上問題が無いと判断されれば、病院処方ピルを受け取る事ができます。 医者が診断した結果出したピルであり、日本の厳しい基準をクリアし認可された薬であるため、安全性が高く安心して使用する事ができます。 ただ出される薬の量は少なく、薬がなくなったら再診を受ける必要があります。 通販で購入する場合は、日本以外でも製造されたピルが販売されています。 個人輸入も可能であり、国を指定する事なくピルを購入する事ができます。 通販で購入するメリットは価格が安い事です。 病院処方ピルと比較するとその差は歴然としており、圧倒的に通販ピルの方がリーズナブルです。 しかしその反面、安全未確認の商品も混ざっている事もあるため、責任を持って購入する必要があります。 時には予期せぬトラブルにも発展する可能性があるので、ピルを服用しようと決めた時は、安全で安心できる物であると見極め、これなら大丈夫と思う方法を選択します。

2019年09月02日