• ホーム
  • 通販ピルと病院処方ピルの違い

通販ピルと病院処方ピルの違い

2019年09月02日
笑顔の女性

ピルは病院以外でも通販で購入する事ができます。
病院と通販、この2つの違いは何か考えていきます。
病院でピルを受け取る場合は、診察が必要となります。
一般診療と同じように医師と対面し、ピルが必要な理由を説明します。
説明内容に納得し健康上問題が無いと判断されれば、病院処方ピルを受け取る事ができます。
医者が診断した結果出したピルであり、日本の厳しい基準をクリアし認可された薬であるため、安全性が高く安心して使用する事ができます。
ただ出される薬の量は少なく、薬がなくなったら再診を受ける必要があります。

通販で購入する場合は、日本以外でも製造されたピルが販売されています。
個人輸入も可能であり、国を指定する事なくピルを購入する事ができます。
通販で購入するメリットは価格が安い事です。
病院処方ピルと比較するとその差は歴然としており、圧倒的に通販ピルの方がリーズナブルです。

しかしその反面、安全未確認の商品も混ざっている事もあるため、責任を持って購入する必要があります。
時には予期せぬトラブルにも発展する可能性があるので、ピルを服用しようと決めた時は、安全で安心できる物であると見極め、これなら大丈夫と思う方法を選択します。